陰陽師のワークご案内

さて、陰陽師とは・・

陰陽師(おんみょうじ)は、古代日本の官職の一つで陰陽五行の思想に基づいて陰陽道の占いや地相(風水)を行う仕事として始まっています。6世紀の飛鳥時代に聖徳太子が高句麗からの僧に学ぶところから日本に伝えられた大陸伝来の学問から進化したもので、伝来当時には、占い、地相(風水)のほか、天体観測、暦の作成、時刻の管理などを理論的な分析によって予言する有識者(主に学僧)をさしていました。

9世紀には、道教と古神道の影響を受け、占術・呪術・祭祀を行い、次第に政権に影響を与えるほどの力を持つようになりました。これらの学問は「天文道」、「陰陽道」、「暦道」として、後に賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)および安倍晴明(あべのせいめい)などによって世襲され、その並はずれた呪術的能力による実績によりカリスマ的な力を持っていきます。

16世紀には安倍家は土御門家となり、福井県の天社土御門神道本庁に移動して活躍を続けた後、江戸圏開発として現在の東京の建設・区画などの地相を手掛けるなど、「土御門神道」としてその陰陽道が広く知られるようになりました。その他民間でも蘆屋道満(あしやどうまん)などのカリスマ陰陽師がいた他、福井の土御門家とともに現在も残っている高知のいざなぎ流など地方での多くの陰陽師が世襲を中心に活動していました。
(Leaves Instituteより抜粋)

陰陽師のワークは2つのワークがあります。

大地の術

大地のワークとは、陰陽師が大地と繋がってワークをして行きます。

すべてを大地に返していく術になります。

風の術

私達のまわりに吹く風は『運命』を意味するものです。

風を捉えそこから開運などを邪魔するものを解放していくのが風の術のワークです。

陰陽師ワークのご案内
開運

開運・・文字通り運を開いていくことです。
運を開くにはそれを邪魔するものをきる必要があります。
それを陰陽師のワークで切っていきます。

さらにシャーマニックワークも使い分離した過去世の自分を
統合することで魂の望むとおりに行くことをサポートします。
念・波動を切り自分自身を取り戻すことができるように
結界も張ります。
まれにオーラの中や体の中に潜むネガティブな存在も
取り除き光に帰すワークも必要な方にはさせて頂きます。

仕事運

仕事運を邪魔する者を切っていきます。

良縁

結婚運・恋愛運だけでなく仕事でのいい縁も結ぶことができます。

縁切り

文字通りの縁切りです(笑)

除霊

開運を邪魔する霊障に関しては開運セッションの中で
させて頂くことができますが、霊障解消としての除霊は
コンサルテーションを受けて頂くことになります。

▲ページの先頭へ